special
home > special
荻野目慶子・KEIKO OGINOME
1964年9月4日生まれ 血液型 A型  荻野目洋子の実姉。
1979年、舞台『奇跡の人』のヒロイン・ヘレン・ケラーの役を選ぶオーディションに合格し
芸能界入り。 その後はテレビ、映画、舞台とアイドル並みに幅広く活躍の場を広げた。
第2回 オーディションに明け暮れていたころ
慶子 わたしたちの兄妹四人は、それぞれ別々に見えるんだって。同じおなかから生まれたような感じがしないねって、昨日も言われたの。
洋子 兄妹って、今わたしも母親やってみて、それぞれ最初から性格が違うっていうのは、まのあたりにしてるんだけど、それにしても、ホント、強制がなかったから。それぞれ、チョイスできたよね。でも、慶子ちゃん、なんで女優を選んだのかなあ。
慶子 それは、あのときたまたま「劇団ひまわり」に入ったから…
洋子 でも、劇団って言ったって、はじめは何をするところかわからないじゃない。新聞広告だけじゃ。
慶子 「ひまわり」って、そのころは、なんか、建物がボロいところで(笑)。
洋子 そうそう、覚えてる。わたしが一緒についていったときがあって。
慶子 歌を歌ったのよね。それで、合格…
洋子 したよ。
慶子 パパと一緒に民謡習っていたせいか、完璧な発声だって。
洋子 そんなことないって。わたしは末っ子だから、くっついて行っただけで。なんか、オーディションが面白そうだなって。
慶子 それで、市川昆監督の、あの映画にも出演したじゃない。
洋子 「獄門島」ね。あれも、ついてきて…(笑)。出てみない?って言われて(笑)。
慶子 面白かったねぇ。
洋子 で、劇団に二人合格して、月謝の関係もあって(笑)、慶子ちゃんだけ通うようになって。でも、あのころ家が埼玉にあったから…
慶子 2時間くらいかかって。あのころの東上線って、武蔵嵐山から上り電車が1時間に1本しかなかったから、遅れたら、すごく大変だった。
洋子 すごく寂しい駅でね。
慶子 オーディションは落ち続けていたんだけど、中学三年生になったとき、「ガラスの仮面」の漫画の影響は強かった。オーディションが落ちても落ちても大好きで、中学三年のとき、これを記念に受験に入ろう。どうせ落ちるだろうって、思ってたら、たまたま合格できて。
洋子 それが、あのヘレン・ケラー(「奇跡の人」)。
慶子 そう、あれが受かってなかったら、やめてたよね。
洋子 その後が「南極物語」?
慶子 ううん。「阿修羅の如くPART2」のドラマと「海潮音」という小さな映画をやって、高校がかなり厳しかったから、「南極物語」までは3年のブランクがあった。
洋子 けっこう、オーディション生活は長かったというか、大変そうだったよ。いっぱい落ちたって、後からママから聞いたけど。わたしはわたしで、4歳下だから、普通に学校に行って。でも、慶子ちゃん、雑誌の「小学6年生」の表紙とかには出てたよね。
慶子 出てたよねぇ。で、ヨーたんはモデルとしては郵便局のポスターの「にこにこ…」から始まって、けっこう目立った…
洋子 郵便局じゃなくて、銀行ね。これも、ママと一緒について行ったら、スナップ撮られて使ってもらったりとか、そういうおこぼれ的なものはあったけど。仕事としては全然違うところから発生してきて。わたしは歌が好きだったから。(続く)
page top
© 荻野目洋子. All rights reserved.